車情報収集サイト

モデルチェンジが気になる車情報ブログです。

次期日産ジュークの動きに注目

日産・ジューク

日産・ジュークのフルモデルチェンジが迫ってきています。時期は2017年と見られています。2017年ジュネーブモーターショーでワールドプレミアが予想され、それに向けて準備が進んでいます。ジュークといえば小型のSUVとして世界各国で販売されている人気車種です。デザインも現行でかなり斬新なものであり、日産の先鋭的なモデルとして位置づけもあります。

 

ジュークの意味

ジュークは英語で「(アメリカンフットボールなどにおいてディフェンスを)軽快にかわす」という意味であり、機敏さや前向きさという意味です。軽快な見た目そのものをあらわすのにピッタリのネーミングですね。

GRIPZコンセプト

GRIPZコンセプトは2015年のジュネーブモーターショーで発表されたコンセプトカーです。GRIPZコンセプトをもとに新型ジュークが発表されると見られています。1.5リットルの他にハイブリッドモデルもラインナップされます。

f:id:maimaimaim8282:20161110234520j:plain

レンジエクステンダー式ハイブリットシステム「e-Power(eパワー)」

ハイブリッド方式は新型ノートe-POWERに搭載されているレンジエクステンダー式ハイブリットシステム「e-Power(eパワー)」を採用する見込み。ガソリンエンジンを発電専用に使い、モーターのみのパワーで走行するというものです。異次元の走りと低燃費がウリ。

 

2.0Lターボエンジンに匹敵するビッグトルク*1を発揮。
e-POWERは、加速の力強さとレスポンスが違います。

発進時から一気に最大トルクを発生するモーター特有の優れた瞬発力により、電気自動車と同様の加速を体感できます。さらに市街地や高速道路での走行中でも、アクセルの踏み増しにレスポンスよく反応。俊敏な走りを意のままに楽しめます。

e-POWERは、“自ら発電する電気自動車”。
モータードライブの楽しさと燃費性能の両立を実現しました。

e-POWERは、エンジンを発電専用にしています。燃費に悪影響を与える作動領域を使用しない分、エンジンの作動時間を短縮。さらに、ごくわずかな減速でも回生エネルギーがとれるよう設定。市街地から高速道路まで、あらゆる走りのシーンで優れた燃費性能を発揮します。

f:id:maimaimaim8282:20161110234826j:plain

※日産カタログより

実際、新型ノートe-POWERで37.2km/リットル(JC08モード)を実現しています。注目すべくは2.0Lターボに匹敵する走りです。

またしても注目を浴びるモデルとして誕生してしまうのか日産ジューク。目が離せません。

 

新型スバル・ジャスティ

新型スバルジャスティ

ダイハツからのOEMによってスバルのジャスティが復活します。そもそもジャスティってみなさんご存知?ご存知無いですよね。

初代ジャスティ

1984年にスバルから発売された1.0リットルの3/5ドアのハッチバックです。FFと4WDがありました。

f:id:maimaimaim8282:20161109224124j:plain

こんな感じ。

スバルではこんな感じのハッチバックをトヨタとの共同開発でトレジアを2010年~2016年6月にに販売しています。

今回2代目ジャスティもダイハツからのOEM販売です。

それがこんな感じ↓

f:id:maimaimaim8282:20161109225311p:plain

 

3姉妹車

ダイハツでは「トール」トヨタからは「ルーミー」「タンク」として販売されます。多彩なシートアレンジが楽しめる5人乗りのコンパクトカーに仕上がっています。

エンジンは1.0リットルNA、1.0リットルターボの2種類が設定されます。アイドリングストップ機能を標準装備し、燃費はクラストップレベル24.6km/L(1.0リットルNAのFFモデル)をたたきだしています。

自動運転支援システムスマートアシストIIが標準装備され、衝突安全性も向上に成功しています。価格は152万8200円~213万8400円と買いやすくなっております。

ちなみにOEMってなに?

original equipment manufacturerの略です。「相手先(委託者)ブランド名製造」「納入先(委託者)商標による受託製造」などと略されます。

他社で製造されたものを自社のブランドで販売するとういうビジネス手法です。

メリットとして販売側は、自社で製造していない商品、製造出来ない商品を他社から供給を受けることによって販売力を補うことができます。

供給側は販売網を増やすことによって高い製造能力を活用することが出来ます。

スバルから他社へのOEM供給

かつて初代のレガシィをいすゞにOEM供給していましたね。いすゞでは2代目「アスカ」として販売していました。

ちなみにアスカの3代目、4代目はホンダのアコードだったのだから面白いですよね。

 

 

2017年登場の新型XVってどんな?

新型XV展望

インプレッサがフルモデルチェンジしたので、当然XVもフルモデルチェンジします。それは2017年秋になると見られています。果たしてどのように変わるのかということにが様々憶測されていますが、果たしてどうなるのか?気になるところです。
外観はおそらく今年3月のジュネーブモーターショーで公開されたXVコンセプトに近いと見て間違いないとの見方がおおいです。新型インプレッサは旧型と比べて、全長で45mm増、全幅で35mm増、であるところを見ると、現行より若干大きくなることは間違いないでしょう。

 

ハイブリッドシステムは?

2.0モデルは新型インプレッサと共通のエンジン、CVTでしょう。1.6は米国市場を意識して搭載されない可能性が高いとの見方が大筋です。
ではハイブリッドは?ここが問題です。二手の見方に分かれます。
VISIV2コンセプトで公開された方式で、3モーター式で前輪を1.6リットルDITターボとモーター、後輪は左右別々のモーターで駆動するプラグインハイブリッド方式。ドライブシャフトはなくなるという見方です。

もう一つは新型プリウスPHVと共通の方式。これではスバルの良さがあまりないので却下かな…

どちらのハイブリッドシステムもこれまでのスバルシンメトリカルAWDではない新しい駆動方式になります。3モーター式はそれまでに無い方式ですから、新しいカテゴリーとしてさらなる熟成を必要とするかもしれませんね。

米国市場を意識した展開


今のスバルはアメリカでの販売、収益が主体になりつつあります。アメリカ市場を思いっきり意識した商品展開が生き残りの施策で、時期XVもその計画のひとつです。日本市場も時期XVへの期待は高まっています。日本市場も意識してくださいね。スバルさん、みんなたのしみしてますよ!