車情報収集サイト

モデルチェンジが気になる車情報ブログです。

インプレッサスポーツハイブリッドデビュー

インプレッサスポーツハイブリッドの立ち位置

f:id:maimaimaim8282:20150726221906j:plain
インプレッサスポーツに待望のハイブリッドが登場しました。これまでのインプレッサスポーツとはエクステリアから一新しています。フロントバンパーは専用になってますし、サイドも引き締まって見えます。
XVハイブリッドより軽い分、JC08モードで20.4km/Lとわずかながら伸ばすことができました。
それでね、ではG4ではハイブリッド作らないのかなって思いました。ハイブリッドはセダンと言う常識的なものを絶対に裏切るのがスバル。
XVハイブリッドをしょっぱな出すところもスバルらしい。
G4でハイブリッドが出たら、相当のモデル末期かも知れません。


ダイハツ ムーヴ フルモデルチェンジ インプレッション

ダイハツ ムーヴ フルモデルチェンジ インプレッション モーターマガジンMOVIE 竹岡 圭

モータージャーナリストの竹岡 圭です。今日はフルモデルチェンジを受けました、ダイハツムーヴをご紹介したいと思います。ムーヴ、なんと初代が出たのは1995年ということで、もう20周年を迎えるんですね。や~歴史を感じますが、どんな車になったか楽しみです。



外観で一番変わったところといえばまずバックドアです。と言うのもですね、ムーヴといえば横開きのバックドアなんですよところが、今回縦開きを採用してきたんですね。これにはちょっとびっくりしました。
そして、カスタムのハイパーというグレードも今回用意されているんですよね。このハイパーという名前、新しく登場したわけなんですけども、要するに上質感たっぷりに、いろんな装備も用意されておりましてダウンサイジングユーザーに安心して今までと変わらない気持ちで車をたのしんでいただけるんじゃないかな、そういった設定になっております。エンジンはNAとターボが用意されております。
ダイハツのエンジンは非常にパワフルで定評がありますのでかなり力強いです。そして今回、走りで一番私が感動したのは乗り心地の良さと運動性能の両立のバランス、ここに感動したんです。



ここのところムーヴは、乗り心地はいいんだけれども、あまりにもおっとりし過ぎてない?というような動きだったんですよ。これが今回良く街中で扱いやすいような、キビキビまで行かないですけれどもね、非常に素直に扱えるテイストをちゃんと持ちつつ、乗り心地の良さ、これもうまく両立してたんですね。わ~、ずいぶんムーヴの乗り味変わったね、というのを乗っていただければすぐわかると思いますよ。これだったら、街中、高速、こわいもの無しでしょう。
更に、音がす~ごく静かなんですよね。この静粛性もちょっとびっくりしました。NAもターボもかなり静粛性が高くて、後ろのCピラー周りからも音がそんなに入って来ないんで、後部座席の人も非常に快適に過ごせると思います。見た目も中身も新しくなったムーヴ、ぜひ一度乗ってみてください。

マツダ デミオ XD 試乗インプレッション

マツダ デミオ XD 試乗インプレッション GAZOO TV モータージャーナリスト島下泰久

デミオで街中を走っています。第一印象としてはやっぱりディーゼルエンジンのインパクトが大きいですよね。コンパクトカーといえばエンジンが唸りを上げて、回転が割りと高めになって、非力なのを、アクセルを目一杯踏んで加速させていくみたいなイメージがやっぱり付きまとうのですけれども。



この車、ディーゼルエンジン本当に低い回転域からトルクがぐっと出るので、踏み込みのほんの僅かな一瞬を過ぎるともうそこから先、アクセル、踏み込まなくてもそのままをキープすれば、感覚的には3㍉か5ミリぐらい踏んでいるような感じで、スーッと速度が上がっていって、力強く、それをキープできる。
この感覚はコンパクトカーでは味わったことのないものだなと思いますね。