車情報収集サイト

モデルチェンジが気になる車情報ブログです。

おすすめのスタッドレスタイヤ

雪国に住んでいたら避けては通れない話題、スタッドレスタイヤについて考えましょう。



個人情報保護型クルマ査定サービス『査定バンク』

①スタッドレスタイヤの中古はアリか?

皆さんどうでしょう?

多分、北海道の方なら中古はありえないことだと思います。

安いからって、誰かが少しでもすり減らしたスタッドレスタイヤを好き好んで愛車に履かせようとは誰も思わないことですよね。

溝の深い浅いではなくて、ゴムが柔らかいか硬いか。そこが重要なんです。

劣化したゴムでは、ブラックアイスバーンの上で走馬灯のように自分の人生を振り返るような思いを味わいかねないことをみんな知っています。

やむを得ない事情がない限り、新品を履くのがベターです。


止むを得ない事情

・車検が近いのでクルマを買い換えるため1シーズン乗り切れば良い

・雪のない地域へ引っ越す予定があるから急場しのぎ

など、短期間のみの使用に限られる時は中古もアリでしょう。


②ひいきのブランド

あるんじゃないですかね、それぞれ。

北海道では圧倒的にブリヂストンの装着率がナンバーワンです。

ブリヂストンでもVRXが最新で高性能なのは言うまでもありません。

言ってもREVO GZがトップだったのだからそれでも悪くはないでしょう。


ブリヂストンのいいところは2シーズン目以降の性能が高いことですね。

発泡ゴムで効きが長持ち、という意見が多いのではないかと。


ヨコハマはブリヂストンより若干価格が低くなりやすいですかね。

性能も多分そんなに見劣りすることはないのではないかと思います。

AWDでしたが、僕は12シーズン連続で使用した経験があります。走り方ですかね、滑るとかは。

ちなみにシーズン始め、終わりの交換はギリギリにしてましたけどね。


ダンロップ、ミシュラン、ファルケンなどもあります。

ダンロップ・ファルケン・グッドイヤーは同じ住友ゴムで製造されているという事実はいがいな事実。

ミシュランもそこそこ定評あります。


あとは価格と相談ですね。

アジアンタイヤは本気でブラックアイスバーンの上を走行する人は避けてください。

あくまで、夏用タイヤより冬向きなタイヤとしてのご理解を!


③シーズン以外の保管

冷暗所が最適です。

直射日光にさらされるベランダでの保管はもってのほかだっていうことは常識ですね。

保管だけしてくれる業者を利用する人も多いようです。


スタッドレスタイヤについては、話題が尽きませんね…