車情報収集サイト

モデルチェンジが気になる車情報ブログです。

日産 GT-R のセダン版 中止か?

カー太郎です。日産GT-Rって圧倒的にすごいじゃないですか~。最高出力550Psを誇る国産車なんですから。
そんな最高のスポーツカーはクーペですが、セダンに移植してしまおうというのが高性能コンセプトカー、『Q50オールージュ』でした。
f:id:maimaimaim8282:20141231222724j:plain
過去形なのはすでにその計画が中止になるというのです。
カッコイイ。こんなセダンに乗ってたらカッコイイ。

2014年1月、デトロイトモーターショー14で発表されたのが最初。新型日産スカイラインの海外仕様車、インフィニティQ50をベースにした高性能コンセプトカーで、2014年3月のジュネーブモーターショー14では、パワートレインが日産『GT-R』から移植されると告げられたのです。
周囲からの期待をよそにその計画は夢と散ってしまうのか…

【中古車無料一括査定】SBTサーチ
さて、GT-Rについておさらいしましょう!

S20型エンジンのPGC/KPGC10型およびKPGC110型が第1世代のGT-R。馴染みの深いRB26型エンジンのBNR32型、BCNR33型、BNR34型が第2世代に当たるのです。
現行はVR38型エンジンの当型式が第3世代。
2007年12月に誕生したこの現行は幾度もマイナーチェンジを重ねました。

最高出力で見ると、
2007年12月-2008年12月
353kW (480PS) /6,400rpm
2008年12月-2010年11月
357kW (485PS) /6,400rpm
2010年11月-2011年11月
390kW (530PS) /6,400rpm
2011年11月-
404kW (550PS) /6,400rpm
NISMO
441kW (600PS) /6,800rpm

価格は947~1170万円。
燃費は8.7km/Lですからエコではない数値です。

現行を見るとすごいな~って思います。諸外国の高級車よりも圧倒的に凄さを感じます。
それと現行のスカイライン、デザインが素敵!実に素敵ですね!