車情報収集サイト

モデルチェンジが気になる車情報ブログです。

トヨタ 新型アルファード / ヴェルファイア  試乗インプレッション

それではインプレッションしてみましょう。まずは直4、2.5リッターを搭載したモデルからです。2.5リッターと聞きますと、発進時、加速時などパワー不足を想像される方もいるかもしれませんが、発進時からストレス無い加速を披露してくれます。これはエンジンそのものの性能が上がったこともありますけども、CVTのギアレシオが広がったこと、これが大きく手助けしております。この仕様は18インチタイヤを履いています。乗り味については、フラットライド感がとても高まり、快適性がある、そんな乗り味になっています。



18インチでありますから、ステアリングに少々キビキビ感が出ており、乗り味にもコトコトとした部分がありますが、それは細かい点を見た場合であり、気になる点、不安になるようなレベルではありません。
気になる、セカンドシート、サードシートの乗り心地はフロントシート同様にフラットライド感を活かしたものとなっております。セカンドシートではサスペンションのストローク感がしっかり乗り心地に表現されており、まさにゆったりとした乗り心地であります。
シートの構造も乗り心地を優先させたものであり、その点もプラスになっております。
サードシートはセカンドシートに比べて少々劣ることはありますが、フラットライド感という点では不足はなく、座面の長さを含めて不満はありません。
高速道路です。市街地で感じた発進の軽やかさ、軽快感は高速道路にはいっても変わりはありません。坂道でもアクセルを少し踏み込むだけで力強いパワーを引き出してくれます。
V6、3.5リッターです。エンジンの排気量が大きい分、またV6である分、滑らかさパワー感、2.5リッターに比べて伸びがあります。ラグジュアリー感はトヨタ アルファード / ヴェルファイアに見合ったエンジンだと言えます。
サスペンションのしなやかさは2.5リッターと同様で非常にしなやかで快適性がある乗り心地がいい、そういった印象があります。18インチタイヤを組み合わせてありますが、硬さというものを感じません。多少コツコツと言った印象はあるのですが、ゴツゴツ感であるとか不快感、そういったものはありません。高速道路でも3.5リッターですから、2.5リッターに比べてゆとりある走りを感じ取れます。坂道でも力強く加速していきますし、直進安定性があること、乗り心地がいいことから、快適性を感じ取れます。



最後はハイブリッドモデル、最上級グレードののエグゼクティブラウンジに試乗してみます。このハイブリッドシステムは2.5リッターガソリンエンジンにモーターを組み合わせたタイプですが、更にリアに独立したモーターを配置することでE-Fourと呼ばれる四輪駆動システムを採用しています。エグゼクティブラウンジの特徴はなんといってもセカンドシートにあります。左右独立したシート形状はもちろんですが、このシートにはベンチレーションや、電動オットマンが装着されています。まさにラグジュアリーを感じ取ることができるそんな仕様となっています。ハイブリッドユニットは、ガソリンエンジンがリッターですが、パワーに関しては問題なく、3.5リッターよりゆとりある走りを提供してくれます。ガソリンエンジンが直4の分、少々ラグジュアリーと言った面、音ですね、V6、3.5リッターのほうが上かなと思うところもありますが、全体のパワー感、フィーリングとしては低燃費性能も含めて選ぶ理由があると思います。
タイヤは17インチタイヤを標準としていますが、そのタイヤサイズをいかしたラグジュアリー感がとても印象にのこります。直進安定性、フラットな乗り味も含めてトヨタ アルファード / ヴェルファイアらしい、そんな印象を受けます。