車情報収集サイト

モデルチェンジが気になる車情報ブログです。

2017年登場の新型XVってどんな?

新型XV展望

インプレッサがフルモデルチェンジしたので、当然XVもフルモデルチェンジします。それは2017年秋になると見られています。果たしてどのように変わるのかということにが様々憶測されていますが、果たしてどうなるのか?気になるところです。
外観はおそらく今年3月のジュネーブモーターショーで公開されたXVコンセプトに近いと見て間違いないとの見方がおおいです。新型インプレッサは旧型と比べて、全長で45mm増、全幅で35mm増、であるところを見ると、現行より若干大きくなることは間違いないでしょう。

 

ハイブリッドシステムは?

2.0モデルは新型インプレッサと共通のエンジン、CVTでしょう。1.6は米国市場を意識して搭載されない可能性が高いとの見方が大筋です。
ではハイブリッドは?ここが問題です。二手の見方に分かれます。
VISIV2コンセプトで公開された方式で、3モーター式で前輪を1.6リットルDITターボとモーター、後輪は左右別々のモーターで駆動するプラグインハイブリッド方式。ドライブシャフトはなくなるという見方です。

もう一つは新型プリウスPHVと共通の方式。これではスバルの良さがあまりないので却下かな…

どちらのハイブリッドシステムもこれまでのスバルシンメトリカルAWDではない新しい駆動方式になります。3モーター式はそれまでに無い方式ですから、新しいカテゴリーとしてさらなる熟成を必要とするかもしれませんね。

米国市場を意識した展開


今のスバルはアメリカでの販売、収益が主体になりつつあります。アメリカ市場を思いっきり意識した商品展開が生き残りの施策で、時期XVもその計画のひとつです。日本市場も時期XVへの期待は高まっています。日本市場も意識してくださいね。スバルさん、みんなたのしみしてますよ!