車情報収集サイト

モデルチェンジが気になる車情報ブログです。

次期日産ジュークの動きに注目

日産・ジューク

日産・ジュークのフルモデルチェンジが迫ってきています。時期は2017年と見られています。2017年ジュネーブモーターショーでワールドプレミアが予想され、それに向けて準備が進んでいます。ジュークといえば小型のSUVとして世界各国で販売されている人気車種です。デザインも現行でかなり斬新なものであり、日産の先鋭的なモデルとして位置づけもあります。

 

ジュークの意味

ジュークは英語で「(アメリカンフットボールなどにおいてディフェンスを)軽快にかわす」という意味であり、機敏さや前向きさという意味です。軽快な見た目そのものをあらわすのにピッタリのネーミングですね。

GRIPZコンセプト

GRIPZコンセプトは2015年のジュネーブモーターショーで発表されたコンセプトカーです。GRIPZコンセプトをもとに新型ジュークが発表されると見られています。1.5リットルの他にハイブリッドモデルもラインナップされます。

f:id:maimaimaim8282:20161110234520j:plain

レンジエクステンダー式ハイブリットシステム「e-Power(eパワー)」

ハイブリッド方式は新型ノートe-POWERに搭載されているレンジエクステンダー式ハイブリットシステム「e-Power(eパワー)」を採用する見込み。ガソリンエンジンを発電専用に使い、モーターのみのパワーで走行するというものです。異次元の走りと低燃費がウリ。

 

2.0Lターボエンジンに匹敵するビッグトルク*1を発揮。
e-POWERは、加速の力強さとレスポンスが違います。

発進時から一気に最大トルクを発生するモーター特有の優れた瞬発力により、電気自動車と同様の加速を体感できます。さらに市街地や高速道路での走行中でも、アクセルの踏み増しにレスポンスよく反応。俊敏な走りを意のままに楽しめます。

e-POWERは、“自ら発電する電気自動車”。
モータードライブの楽しさと燃費性能の両立を実現しました。

e-POWERは、エンジンを発電専用にしています。燃費に悪影響を与える作動領域を使用しない分、エンジンの作動時間を短縮。さらに、ごくわずかな減速でも回生エネルギーがとれるよう設定。市街地から高速道路まで、あらゆる走りのシーンで優れた燃費性能を発揮します。

f:id:maimaimaim8282:20161110234826j:plain

※日産カタログより

実際、新型ノートe-POWERで37.2km/リットル(JC08モード)を実現しています。注目すべくは2.0Lターボに匹敵する走りです。

またしても注目を浴びるモデルとして誕生してしまうのか日産ジューク。目が離せません。